薬学部生 進級対策塾 留年と放校防止と対策

投稿日

薬学部生 進級・留年・放校
入学後の学習が薬剤師への道。薬学部生 進級対策塾 留年と放校防止と対策。

■薬学部の現状
薬学部は、医療系の代表的な学部の一つとして高い人気となっており、一部の薬学部では高い偏差値となっております。一方で薬学部の特徴は薬剤師輩出のための多数の薬学部の設置です。そのため、毎年薬剤師国家試験を受験する学生数は医療職の中でも非常に多く、また、合格率が低迷していることが現状です。上記に伴い、卒業試験の難関化や、CBT、また、低学年からの留年や放校などがたびたびメディアなどでも報じられている通り薬学部の課題となっております。

■薬学部の進級の特徴
薬学部の進級の大きな特徴が有機化学や、物化生といわれる低学年からの留年や放校です。大学の講義は高校レベルの生物、化学、物理を前提の上に行われ、また、大学の教員の先生方により難解な問題も出題されることがあります。単純暗記の科目ではないため、例えば、少しついてゆけない場合には、そのまま気づけば半年などが過ぎ、テストを迎え、何もわからないということになります。この場合に気を付けなければならないことは、単純暗記ではないため、数か月の暗記などでは対応が出来ず、来年や放校になる前までに毎日学習をしてじっくりと対策するほかなく、多数の放校など薬剤師になることが出来ない学生も周りにいらっしゃる通り社会問題となっております。

■薬学部の特徴 予備校との併用

薬学部の特徴の一つが薬学部進級、国家試験予備校との併用です。薬学部は高い合格率を出すことが少なからず、受験生の薬学部の比較の中で行われることが多く、予備校通学有無を問わず実力をつけ、進級、薬剤師国家試験に合格できる学生を輩出したいと考えております。常に逆の立場になって考えること。客観性を有することは薬剤師国家試験突破には欠くことが出来ません。

■薬学部1年~6年生の定期試験、CBT、薬剤師国家試験対策

薬学部6年間の中でのちのCBT、薬剤師国家試験など薬学生にとっては試験の連続です。薬学部に例えば浪人しながら10年間通い、高学生年で放校となった場合には、薬学部の費用だけではなく、いわばその人生の10年間の結果を手にできないという現実があります。例えば現在では、さまざまな医療学生でも進級対策が行われ週1回~週5回など大学1年生や2年生などの学生が進級対策塾などに通学して頑張っております。

■進級対策予備校の受講の仕方

進級対策予備校はマンツーマン個別指導で、弊社東京メディカルスクールは10年以上にわたり医療職が集まり設立され進級対策のマンツーマン個別指導のパイオニアとして取り組んで参りました。受講はJR秋葉原駅徒歩3分の東京教室のほか、マンツーマン個別指導によるオンライン講義も好評をいただいております。平日夕方や土日祝日など週1回3時間から受講可能です。

■進級、国家試験に向かって

医療系の進級、国家試験では学生はもちろんですが、保護者様の理解が求められています。薬学部の進級や留年、放校などで6年生になり卒業した中での、薬剤師国家試験合格率に目を通していただきたいと存じます。卒業していれば数年や10年連続など受験される学生もおり、合格する可能性はありますが、薬学部現役生の場合には留年、放校となります。薬学部の進級は数か月で対応するものではありません。薬学部1年生や2年生などから学習のペースをつかみながら継続して薬剤師の夢をかなえてほしいと思います。

東京メディカルスクール資料請求、進級相談フォーム
薬学部生の進級試験対策 資料請求・進級相談する

コメントは受け付けていません。